はじめまして。室田美鈴(むろた みすず)と申します!

本日は初回投稿なので、ダイバーシティのすすめ立ち上げの経緯と私自身の自己紹介とについてお伝えしたいと思います!

  • 名前:室田美鈴(むろた みすず)
  • 年齢:33歳(1989年生まれ)
  • 生まれ:東京

生い立ち/プロフィール

小さい頃から活発で末っ子ということもあり、甘えん坊&わがままっ子で育つ。中高時代はバレーボールに打ち込む。大学入学時にインカレサークルと称して学内の女性は入部できず、学外の女子大学の学生しか入れないサークルの存在に違和感を持ったことがジェンダーに興味を持った最初のきっかけ。

大学院卒業後、2014年に新卒にて三井物産に入社。国内向け物流や子会社出向など経験。その後、デロイトトーマツコンサルティングに転職。大企業向けに業務改善、BPR(Business process re-engineering)や新規事業戦略立案などのプロジェクトに従事。

2020年に結婚。2021年に夫のブラジル駐在への帯同を機にフリーランスに転向。転向後はリーガルテックベンチャーにて社内コンサルタントとして新規プロダクトの営業支援/業務プロセス立ち上げに従事。

また大企業で働く中で感じた働き方やキャリアパス、仕事に対する価値観が固定化されていること、海外生活時に感じた「固定的な性別役割分担(男性は仕事/女性は育児・家事)」に対して強く違和感を感じ、NPO法人ジェンダーイコールに参画。企業研修チームのリーダーとしてチームの立ち上げ、新規企画も推進中。

NPO法人ジェンダーイコールでの活動を通じて、企業の変革には組織/人事面での改革も必要と考え、現在は人事コンサルタントとしての活動中。

2023年2月に日本へ帰国。人事コンサルタント、NPO法人での活動を継続しつつ、ダイバーシティのすすめにてダイバーシティ経営コンサルタントとしての活動も本格開始。

他詳細なプロフィールが気になる方はぜひこちらのインタビュー記事をご覧ください!

「ダイバーシティのすすめ」立ち上げの経緯

企業で働く中で「男女の違い」や「女性」であることを強く感じさせられたことへの違和感多くの女性が結婚/育児に直面する前から仕事との両立を不安に感じていることに対して自分が何かできないかと思ったことがきっかけ。

女性だけでなく、男性も「稼がなければならない」という大黒柱バイアスに縛られていたり、育休を取得したくても取得できない現実があることを知り、「男女問わず、個人の選択が尊重される社会の実現」に向けた活動として、この活動を開始。

また夫の海外駐在への帯同し「駐妻」という立場になった時にも、企業時代とは異なる違和感を強く感じました。

世の中は共働き世帯が増加しているが、今も駐在に帯同するのはほとんどが女性であること、また企業も「帯同者=女性」であることを前提とし「パートナー(男性)を支える」という役割期待を発信している現実を知り、「夫婦であっても生き方や役割の選択は企業が決める問題ではなく家族の自由であるべきでは?」と強く違和感を感じました。

社員のエンゲージメントを高めるためには、企業側が社員や社員の家族の選択肢を狭めるような発信をしてはならないと強く感じ、そのためには企業文化のアップデートが必要であると実感。

企業の変革を促し、ダイバーシティ経営を実現することで、現在日本企業の多くが抱えている課題の解決につながり、社会に蔓延する閉塞感から脱却への一歩となると考え、コンサルティングサービス事業を立ち上げ。

また個人のエンパワーメントとしてコーチングも開始(予定)。個人の選択肢を増やし、仕事に対して前向きに捉えられる人を増やしたいと考えています。仕事に対して前向きになれる人が増えることは企業へのエンゲージメント向上にもつながり、結果的に企業にとっても大きなメリットが生じると考えています。

合わせて私自身が感じている違和感は私個人の問題ではなく、社会の構造上の問題であるということを伝えるべく、Instagramでの発信を開始。

男女問わず、働いている企業などに対して違和感を持った際に「自分がわがままだ」と思い、発言することを躊躇してしまう方が多いのが現状。そういった方に1人で抱え込まず、周囲にも同じもやもやや違和感を感じている人がいることを知ってもらうきっかけづくりとしたいと思っています。

「ダイバーシティのすすめ」では、こういった活動を通じて、すべての人の働き方の選択肢が広がり、前向きに仕事を行える環境づくり(≒ダイバーシティ経営)を目指します。

ダイバーシティ経営が実現できれば、社員のモチベーションやエンゲージメントが向上するだけでなく企業の新規イノベーション創出や競争力創出にも繋がると私たちは考えています。

コメントする

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です